知っておきたいハゲの症状の種類「金属アレルギー」とは

自分の状態を正確に把握しておかないと適切な対策がとれませんので、ハゲの原因となるアレルギーのひとつである金属に関するものについても知っておくとよいです。
現代人はスギの花粉やハウスダストなど様々なものに対して反応が出る方が増えていて、なかでも金属に関しては強いアレルギー反応によって髪の生成へ影響を与えることが分かっていますので、自分のハゲが金属による影響によるものであるかどうかを把握しておくとよいです。

金属というとアクセサリーなど身につけるものによるかぶれと考えてしまいがちですが、金属が直接触れている部分だけでなく、髪の毛を作る部分に関しても影響を与えることが分かっていますし、許容量の個人差もあるため、だいたいの方で反応が見られないものであっても、なかには過敏に反応してしまう方もいて、そのような方のなかには、髪の毛が薄くなってしまう方がいらっしゃいます。
金属の影響によって反応が起きるのは、金属から金属イオンが溶け出すことによっておきますので、身に付けるピアスやネックレス、ブレスレット、ベルトのバックルなどといった物にも反応が起きますし、歯の詰め物に使われている金属に関しても反応は起きます。
溶け出した金属イオンには、体内のタンパク質と結び付きやすいという性質があるため、発毛に関係しているケラチンと結びつくという状態が起きてしまいますが、単純にここまでの状態で留まればハゲてしまうことはありません。
しかし、いったん溶け出した金属が許容量を超えてしまうと、強いアレルギー反応が生じることとなり、金属イオンと結びついてしまっているケラチンを異物と判断した免疫細胞がケラチンを攻撃するため、ケラチンが攻撃を受けて破壊されたことにより発毛そのものが止まってしまいます。
酷いときには、強いアレルギー反応によって脱毛が一気にすすみハゲてしまうことが分かっていますし、既にAGAなど他の脱毛症が発症しているような場合には症状の進行が早くなるうえ、AGAの治療をしても結果に結びつかず、脱毛が進行してしまうということが考えられます。
金属のなかでも薄毛に最も関係している金属はニッケルであることが分かっていますが、虫歯治療において多用されていた時期があるため、金属による強いアレルギー反応による毛髪退化現象が考えられるときの治療方法に関しては、まずは歯の詰め物に関するところから対応するということがあげられます。
現在、30代から40代を迎えられている方は、幼少時代の虫歯治療においてニッケルが多用されていたということがありますので、皮膚科で診断を受けてニッケルに対して反応が出るという診断を受け、それを歯科で伝えることでセラミックなどの反応が出ないタイプの詰め物に変えてもらうことができます。
金属による強いアレルギー反応によってハゲてしまっているときには、ニッケルを他のものに切り替えることで大きな効果が得られることが分かっていますので、金属アレルギーの可能性についてチェックすることと、金属アレルギーと診断されたときには歯の治療を受けることで薄毛改善の効果が期待できることを覚えておくと良いです。
強いアレルギー反応がなくても、弱い金属アレルギーがあることでAGAの進行が早くなってしまうことはありますので、弱い金属アレルギーをお持ちの方でも詰め物を変える治療とAGAの治療の両方を行うことで効果的な薄毛治療にしていくことができます。
また、AGAに関しては歯の治療とは別に積極的な治療を行うことも大切ですから、そこは忘れないようにしましょう。

ニッケルなど歯の詰め物の金属に反応してアレルギーによる脱毛を起こす方もいらっしゃいますので、診断を受けて金属に反応することが分かったら詰め物をセラミックなどに切り替える治療も受けて、効果的な薄毛治療をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Navigation