ハゲの症状の種類「分娩後脱毛症」とは産後に起こる

最近では男性ばかりでなく女性でも薄毛に悩む人が増えていますが、女性の場合は男性に起こる症状とは少し異なり、原因も対処法も違ってきますので、まずは自分がどのような原因によって薄毛になっているのかを考えて、それに合った適切な方法でケアを行わなければなりません。
女性の薄毛は大半が放っておいても改善されるものですし、万が一原因が分からなくても時間の経過と共に自然に抜け毛が治まってくることが多いので、ストレスを溜めこまずに様子を見守ることも重要です。
女性特有の薄毛の原因としては分娩後脱毛症というものがあり、これは出産後に急に抜け毛の量が増加して一気に髪の毛の量が減ってしまう現象を指しているのですが、産後はただでさえ慣れない育児に戸惑うことが多いので、それにプラスして髪の毛の悩みまで出てくるとストレスによって症状を悪化させてしまうことも少なくありません。

出産後に急に抜け毛が増えてしまうのには原因があり、女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっていますので、ホルモンバランスの乱れを気にしておく必要があります。
しかし、ホルモンバランスの崩れというものは表立った症状が現れるケースばかりではありませんので、何の自覚もないまま抜け毛だけが増えていって不安を大きくしてしまうことが大半ですので、まずはホルモンバランスというものは正常な状態であっても常に多少の変化をしているものだということを覚えておかなければなりません。
女性の体は妊娠をすると女性ホルモンの働きを活性化させて分泌量を増やすために、髪の毛は長い成長期を迎え、通常なら抜け落ちる時期に入っても成長を続けるのですが、出産と同時に女性ホルモンの分泌量が急激に減ってしまうため、一時的に髪の毛の量が減ってしまいます。
つまり、妊娠中は抜け落ちるべき時期にきている髪の毛であっても成長を続けているので、出産後に抜け落ちる髪の毛のほとんどは通常なら既に抜け落ちているものであり、落ち着いて観察してみると妊娠前と総量はそれほど変わっていないケースも多いようです。
出産後に抜け毛が目立っていても、それは一時的な抜け毛であり、ホルモンバランスが落ち着いてくると少しずつ元に戻っていきますので、過度な心配は要りません。

出産をした後は、それまでとは全く違った生活になり、育児をこなすだけでも相当な変化を受け入れなければなりませんので、その他のことにはあまり頭を悩ませないようにすることが大切です。
また、産後のストレスの感じ方にはかなりの個人差がありますが、気にしていないように見える人でも些細なことが気になってしまうことも多いので、意識しなくても普段よりも敏感になっていることを自覚することも重要です。
万が一抜け毛が増えて気になってしまう場合でも、自然治癒するものだということを理解しておけばそれほど気に病むことはなくなりますし、普段通りの生活を心がけることも容易になります。
どうしても気になってしまうため治療方法に関して検討したいと考える場合は、強い薬であるステロイド剤などには頼らずに、育毛用シャンプーに切り替えたり、頭皮マッサージを行ったり、頭皮に負担をかけない程度の育毛剤を使用したりする程度に留めておいた方が無難です。
妊娠や出産は女性にとって大きなイベントであり、それによって普段よりも些細なことに反応するようになってしまうことも少なくありませんが、女性の薄毛や抜け毛の悩みの大半は特別な処置を行わなくても良くなるものですので、過度に反応せずに経過を楽しむくらいの余裕を持って過ごすことが重要であり、ストレスを溜めこまないようにすることが一番の対処法になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Navigation