ハゲの原因は遺伝によるもの

男性を悩ませる問題にはいくつもの種類がありますが、ハゲについてもコンプレックスを感じるという人が少なくありません。現実的には身体に何らかの問題を生じる事態ではないのですが、見た目を気にする現代社会の風潮もあって非常に気にする男性が少なくないのです。これまではそのような問題については命に影響のある問題ではないという現実からそれほど深刻な問題としてとらえられることはなかったのですが、近年の医学の進歩に伴ってそのメカニズムが理解されるようになりました。その結果、様々な対象方が生まれるなどの変化が生じてきています。

例えば男性が髪の毛の問題で悩む場合、その年齢には個人差があります。誰しも年齢を重ねると髪の毛が薄くなっていく傾向がありますが、人によっては20代の頃から激しい抜け毛によって薄毛が進行する場合があります。この様な症状を放置した場合は若ハゲと呼ばれる状態に至るのです。これはAGA、あるいは男性型脱毛症と呼ばれる体質によって生じる症状であり、そのメカニズムが理解されたことにより改善のための働きかけが可能になってきているのです。AGAとは遺伝子の影響によってジヒドロテストステロンと呼ばれるある種の男性ホルモンが抜け毛を促進させる結果、発毛速度よりも抜け毛のスピードの方が上回ってしまうために徐々に薄毛が進行するというものです。この問題は抜け毛の促進だけではなく、徐々に発毛力をむしばんでしまうという傾向もあるため、若ハゲの原因に対して直接的にアプローチをしたいと考えているのであれば早期に治療を意識する必要があるのです。治療をするのであれば少しでも早い内から始めることによって遺伝の影響を最小限に抑えることが出来るのです。この様な目的で行う治療のことをAGA治療と呼びます。以前から民間の業者が対症療法を提供することも多かった男性の薄毛の問題ですが、新しい治療では薄毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑制するために飲み薬による治療が行われるようになってきています。飲み薬による治療は薄毛対策としてはこれまでにはないものであり、遺伝子の影響を最小限にする科学的に確かな効果を期待することが出来る治療法として熱い注目を集めているのです。この治療で使用する飲み薬はプロペシアと呼ばれるものです。効果は抜け毛を促進するある種の男性ホルモンの働きを抑制することであり、抜け毛の予防となります。そのため本来持っている発毛力が最大限に活かされるようになるのです。この様な治療の結果、髪の毛が増えていくというのが抜け毛を抑制することによる薄毛の治療なのです。そのため毛根が死滅して発毛力を失ってしまってからでは効果が期待できないものであるということを理解しておかなければなりません。この仕組みを理解しておくことで早めに行動に出ることが出来るようになるのです。

なお、この治療は医療機関で専門の椎の診察を経て処方される処方薬であるという特徴を持っています。自分の判断で購入することが出来る市販薬とは大きな違いを持っているのです。病院を受診し、医師に使用が適当と判断されて初めて有効になるのがAGA治療のための薬の特徴であると言えるでしょう。非常に効き目が強く、使い方を間違ってしまうと害にしかならないものであるため注意が必要なのです。遺伝的な傾向を抑えることで症状を改善させるためにホルモンに強力に働きかけるものですので、適用対象となるのは男性だけであるというもの一つの特徴になっています。薄毛に悩むのは何も男性だけではありませんが、この治療が有効であると判断されるのは男性だけなのです。女性にとってはメリットよりもデメリットが強く出てしまう種類の治療であるという特徴があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Navigation