髪の毛のハゲの症状の種類「男性型脱毛症(AGA)」とは

薄毛の原因にはさまざまな理由がありますが、その中でも特に男性の薄毛に多いのが男性型脱毛症による髪の毛の抜け毛で、このタイプの症状は前立腺癌とも大きく関係していることが研究でわかっており、この男性型脱毛症は英語ではAGA(andorogenetic alopecia)と呼ばれており、これを日本語に正確に訳すると男性ホルモンによる脱毛症という意味になりますが、実際にこの種類の脱毛はホルモンの分泌が抜け毛に大きく影響しています。
この種類の脱毛症になった場合には、髪の毛の頭頂部の生え際の部分から抜け毛が進行し、多くの場合、アルファベットのMのような形状に抜け毛が進行するのが特徴で、この男性型脱毛症は男性型という名称ですが、女性にも起こりうる症状です。女性がこの症状になった場合には、男性のようにM字型に抜け毛が進行することは稀で、多くの場合頭頂部の一部などが薄くなります。

男性型脱毛症が起こる原因は男性ホルモンの分泌が大きく関係していると言われていますが、男性ホルモンの中でも特に脱毛症に大きな影響を与えているとされているのが、テストステロンやジヒドロテストステロンという物質です。このジヒドロテストステロンは縮めてDHTという名称で呼ばれることもありますが、髪の毛の抜け毛に大きく関係しているとされているのはジヒドロテストステロンの方で、このホルモンはテストステロンが体内に存在する5α還元酵素という酵素の働きにより生成されます。

ジヒドロテストステロンというホルモンが体内で分泌されるだけでは抜け毛は進行しないのですが、このホルモンが男性ホルモン受容体に受容された時に、抜け毛に大きな影響を与えます。この受容体のことをアンドロゲンレセプターと呼んでいて、この受容体が体内で多く作られるような体質を遺伝した場合に、髪の毛の抜け毛が起こりやすくなっており、これが抜け毛が親から遺伝することの主な原因となっていることも知られ、この遺伝子はX染色体の上に存在しているので、母親の家系から遺伝します。アンドロゲンレセプターは髪の毛の根本にも存在するのですが、この受容体がジヒドロテストステロンを受容した時に、髪の毛が抜け落ちやすくなり、十分に成長する前に抜けてしまうことからヘアサイクルの異常を誘発し、薄毛になりやすくなり、また男性型脱毛症の原因としてはその他に、インスリン様成長因子1も関係しています。この物質は特に頭頂部の抜け毛に大きく関係してることが研究で明らかになっています。
男性型脱毛症の治療方法に関しては、これらのホルモンの一連の作用を阻害する必要があり、そのために使用されているのが、5α還元酵素の生成を阻害できる働きを持っている薬で、そうしたものの中で特に広く使用されているのが、フィナステリドです。フィナステリドは主にタイプ2サブタイプを阻害する働きを持っています。

男性型脱毛症であるかどうかは検査により確認することもできますが、そうした検査の一つにDNAの配列を解析する方法があり、それによって薬の効果と、薄毛になる可能性を調べることができます。髪の毛の薄毛はDHTが髪の毛の根本のアンドロゲンレセプターに受容されることで起こりますが、人によってはこの受容体が特殊な形状となっていて、DHTを受容しにくくなっており、そのような人は薄毛になる可能性が低いとされていて、DHTを受容しにくい人のアンドロゲンレセプターの特徴は、受容体の表面を覆うような遺伝子の配列の繰り返しが多いことで、これらの遺伝子は同じ遺伝子が三つ繰り返されて生成されていることから、cagリピートと呼ばれていて、繰り返しが多くて長さがあるほど、体内でDHTを受容しにくくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Navigation